精神障害の戦いと、ファイナルファンタジー14の生活!

鬱・適応障害又は、双極性障害Ⅱ型の自分なりの付き合い方と、ファイナルファンタジー14の世界のブログ!

うまく寝れないときのために!

よりよい眠りのための12のコツ

①適切な睡眠時間は人によって違います。日中の眠気で困らなければ十分と考えましょう。

②床につく前4時間はカフェイン摂取を避け、1時間前は喫煙を避けてください。

寝る前に、軽い読書、音楽、ぬるめの風呂、心地よい香り、筋弛緩法などでリラックスするとよいでしょう。

③寝る時間にこだわらないで、眠くなってら床につくようにしてください。

④毎日、なるべく同じ時刻に起きるようにしてください。早く起きていれば、自然に早く寝れるようになるものです。

⑤朝、目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計のスイッチを入れてください。夜の照明は明るくなりすぎないようにしましょう。

⑥三度の朝食は規則正しくとるようにしましょう。おなかがすきすぎて眠れそうにないときには、軽い夜食をとってもよいでしょう。規則的な運動は眠りを深くします

⑦昼寝は、15時前の短時間(20~30分間)に限ってください。

⑧眠りが浅いときには、遅寝・早起きが役に立ちます。

⑨睡眠中のイビキがひどいとき、一時的に呼吸が止まるとき、脚がぴくつくときには特別な病気が隠れていることがあるので、専門医に相談をしてください。

⑩十分に眠っても日中眠気が強い場合にも、専門医に相談をしてください。

睡眠薬がわりにアルコールを飲むと、かえって眠りが浅くなり、夜中に目が覚めやすくなります。

睡眠薬は医師の指示を受けながら正しく服用すれば役に立つものです。薬とアルコールの併用はぜったいに避けてください。